キーンランドカップ結論

アドセンス

これはもうダイアトニックが中心である。

前走58kgを背負い、どう影響するか・・・と注目されていたが難なく先行して0.3差の完勝。
横綱相撲である。

再度58kg。ならば、ここも圏内確実。

ただ・・・そこまで上手いこと事が進むのか・・・?
何かに足をすくわれるかもしれない。

相手はライトオンキュー。

前々走で、ダイアトニックに完敗も前走OPのハンデ戦。トップハンデで2馬身完勝。
再びダイアトニックへの挑戦権を手にしたといえる。

フィアーノロマーノも捨てがたいが・・・3番手はビリーバーを指名したい。

ビリーバーはモンテロッソ。シーキングザゴールド系である。

シーキングザゴールド系は、「短ければ短いほど良い」「馬場が悪ければ悪いほど良い」が特徴。

前走1000mから距離延長は気になるところだが、状態は前走同様によいとのこと。
そして何より、札幌は雨の影響で重馬場である。ここは一発ある。頭までありえる。

3連複、3連単。ビリーバーの複勝を買う。