2020年2歳馬 ダイワメジャー産駒[勝ちあがり6頭]

目次

アドセンス

2020年2歳馬 ダイワメジャー産駒[勝ちあがり6頭]

ダイワメジャー産駒

ダイワメジャーは8月18日、現在6勝である。
はっきり言って、ダイワメジャーは好きではない。

次世代への血を繋げる可能性は低いのにそれなりに勝ってしまうのが腹立ってしまう。

大物だったカレンブックヒルも種牡馬としては低調である。

もう無駄にG1を勝つのはやめて欲しいと思っているが・・・。初の海外G1を勝った、G1・3勝のアドマイヤマーズがどうなるか・・・。
そういった意味でも注目の種牡馬だ。

ショウナンラスボス

母プリンセスオブザスターズ
母父シーザスターズ

クロス

Northern Dancer 9.38% 4 x 5

兄弟は1頭のみで未デビュー。
叔父母の活躍馬は皆無。

新馬勝ちの上位馬で勝ちあがりはまだなし。大敗の馬も何頭か。

2戦目のダリア賞では2着。勝馬に上がりで0.4差もついたので重の適正で負けたという感じだろうか。

2歳OPや500万で上位の争いをしそうな感じだ。

モントライゼ

母ムーングロウ
母父ネイエフ

クロス

Northern Dancer 12.50% 4 x 4

母母のミスティックゴッデスの子にエクリプスSを勝ったメディシアンがいる由緒ある血統。

新馬は話題の九州産スクワールトスクワートのヨカヨカに負けたが折り返しの未勝利では1.7差をつけて圧勝。
そのヨカヨカは続くフェニックス賞を勝利。

この馬は2,3歳の短距離路線を引っ張っていく存在になりそうだ。

京王杯に出てくるならば馬券検討的にも面白うな存在になりそう。

グレイトミッション

母アートスタジオ
母父バーナーディニ

クロス

Northern Dancer 9.38% 4 x 5

兄弟では2勝馬が1頭いるのみ。

新馬戦のメンバーではその後、2頭が勝ちあがり。

2戦目の函館2歳Sは14着と大敗。
穴太郎こと、野中騎手が少しずつ競馬を教えながら育てていくのだろうか?
まぁ時間は掛かりそうな雰囲気ではある

サルビア

母リップスポイズン
母父マムール

クロス

Northern Dancer 9.38% 4 x 5

母は、ドイツの重賞馬。兄弟馬は2勝馬が1頭。
聞きなれないマムールという種牡馬はインザウイングスの直子

緒戦は断然人気のフランケル産駒のグレナディアガーズに半馬身勝ち。
3着にはそこから3馬身半ということで、それなりのレベルにはありそう。

2歳OPの勝ち負けレベルか?

騎手が、「教育のプロ」の福永騎手なのが、この馬の更なる可能性を感じる。

次走はりんどう賞とのこと。要注目。

リリアンフェルス

母ユールフェスト
母父モアザンレディ

クロス

Halo 18.75% 3 x 4
Northern Dancer 9.38% 4 x 5

モアザンレディの父はサザンヘイローなので、Haloのクロスである。
母母の一族は、Best Western、Bletchingly、Biscay、Godswalk、ダンサーズイメージ と全く知らない種牡馬がひしめく。

上の兄弟は2頭。中央2勝、1勝でそれぞれ現役。

新馬戦の上位馬で2戦目使っているのが3着のキャロライナリーパーのみ。
そのキャロライナリーパーは2戦目で着順をあげて2着。3着にはモーリス期待のドナウエレンに4馬身差ということで・・・
まぁこのリリアンフェルスも2歳500万レベルにはあるのではないか。

レディステディゴー

母レディトゥプリーズ
母父モアザンレディ

クロス

Halo 21.88% 3 x 4 x 5
Northern Dancer 12.50% 4 x 5 x 5
Mr. Prospector、Search for Gold 6.25% 5 x 5
Naskra 6.25% 5 x 5

サーチフォーゴールドという馬は競馬暦20年以上だが初めて知った。大種牡馬ミスタープロスペクターの全兄弟ようだ。

この母レディトゥブリーズ自体が、ミスプロの全兄弟クロスやNaskraのクロスを意識的に配合されたような血統である。
そしてNaskra自身は、PharosやPhalarisのクロスを狙って配合された感が。

兄弟では唯一の全兄弟であるナックビーナスがいるのが魅力。
ナックビーナスは短距離戦線で長きにわたり活躍してきた馬。
同馬に大きな期待がかかるだろう。

ただし、同馬の勝ち上がりはダート。
2戦目の函館2歳Sでは15着大敗。

新馬戦の上位馬も勝ちあがりはまだなく、レベル疑問。

血統込みで長い目で見てあげたほうがよい馬だろう。

ダイワメジャー産駒 まとめ

はっきりいってダイワメジャーな嫌いな種牡馬の1頭である。
その理由は次世代に血が残る可能性は限りなく低いからだ。

ただ、馬券検討としては常に考慮しなければならない馬である。
母系が面白いレディステディゴーには注目。
サルビア、リリアンフェルスは次も買い。