2020年2歳馬 ディープインパクト産駒[勝ちあがり6頭]

2020年8月25日

目次

アドセンス

2020年2歳馬 ディープインパクト産駒[勝ちあがり6頭]

ディープインパクト産駒

さぁ、遂に真打、ディープインパクト産駒の登場。

ディープインパクトは8月18日、現在6勝である。

ディープの2歳の最後は、来年??再来年??

いずれにせよあとわずか。
その残された僅かな馬に、超大物を期待したところだ。

サトノレイナス

母バラダセール
母父ノットフォーセール

クロス

Lyphard 9.38% 4 x 5

母父ノットフォーセールはアドマイヤコジーンでおなじみのカロの系統である。

一つ上の全兄弟には弥生賞勝ちのサトノフラッグがいる血統。
母はアルゼンチンオークスを勝った南米のG1馬である。

アルゼンチンの血が入っているというといいイメージなのはなぜだろう。
ペルーサのイメージか?

それともエルコンドルパサーにも入っている名牝スペシャルの父のフォルリのイメージなのか?
とにかくアルゼンチンの血統はいいイメージ。

新馬戦では圧倒的人気で圧勝。2着に負かしたジュラメントが次走勝ちあがり。
3着のアップリバーはそのジュラメントの2着と新馬戦のメンバーは好メンバーである。

この馬の次走予定はアルテミスSとのことだが、その前に前述のジュラメントが新潟2歳にでる。
相手の馬関係なくサトノレイナスは少なくともクラシックの前哨戦までは主役級の馬だが・・・。

ジュラメントの新潟2歳の結果によっては更に箔が付くかもしれない。

シュヴァリエローズ

母ヴィアンローズ
母父Sevres Rose

クロス

Northern Dancer 6.25% 5 x 5

Sevres Roseはカーリアンの直子である。
母はフランスの重賞馬。
兄弟は4勝したディープ産駒のローズノーブルがいる。

その他兄弟は活躍して無い。

新馬戦で負かした相手たちも次走で軒並み敗北。
サトノレイナスよりは3枚も4枚も落ちる。

次走新潟2歳Sとのこと。
ディープ産というだけで人気になりそう。消しである。

タウゼントシェーン

母ターフローズ
母父ビッグシャッフル

クロス

Northern Dancer 6.25% 5 x 5

半兄弟に活躍馬のロサギガンディア、スターオブペルシャがいる良血。
ただし全兄弟の上2頭は、それぞれ1勝、未勝利と案外。

この母にはディープインパクトは合わないのかもしれない。

新馬戦の5着スペシャルドラマ、8着ニシノアジャストは次走勝ちあがり。

これはロサギガンティアの兄弟というよりも、全兄弟が活躍して無い事実を上にとりたい。
次走軽視で。

ヨーホーレイク

母クロウキャニオン
母父フレンチデピュティ

クロス

Northern Dancer 9.38% 5 x 5 x 5

母クロウキャニオンの産駒は一発長打は無いがコンスタントに3,4勝をしたり、クラシックの前哨戦で活躍したりとそれなりの活躍を見せる馬である。
父がディープインパクトと考えれば物足りないかもしれないが。

ちなみに母母クロカミである。
カーリアンの子で1998年前後の東京新聞杯で我らがビッグサンデーと接戦を演じたことで覚えている人もいるかもしれない。

新馬戦2着のセファーラジエルは次走1番人気に押されるも5着敗退。

さぁこの馬を名伯楽の友道調教師がどう育てていくか、注目である。

ランドオブリバティ

母ドバウィハイツ
母父ドバウィ

クロス

なし

兄弟にはフィリーズレヴュー勝ちのリバティハイツがいる。
母はG1、2勝なので、良血場馬といえるだろう。

ちなみに1歳上の全兄弟satono japan はイギリスでデヴュー勝ち、その後、沙汰がないので気になるところだが・・・。

モンテロッソもそれなりに活躍しているし、マクフィも2歳リーディング10位と健闘。
個人的にはドバウィのの血はどんどん日本に入っていくのではないか?と見ているがはてさて。

新馬は3頭で大接戦。
キズナ産のスパイラルノヴァ、ディープ産のトーセンインパルスの次走にも注目したいところだ。

申し訳ないが、三浦騎手にはいいイメージが一切無い。
次走も三浦騎手なら取りこぼしそう。それなりの騎手に代わればあり。
ただ、いずれにせよ人気しそうなので、三浦騎手のまま、負けて高配当をGETしたいところだ。

次は芙蓉Sが候補とのことだ。

ロードマックス

母パーフェクトトリビュート
母父ドバウィ

クロス

Northern Dancer 6.25% 5 x 5

兄弟は頭で活躍馬はなし。

新馬戦は東京の不良の芝マイルで勝利。
不良とのことで、良馬場を走らせてみないことにはなんとも言いがたい。

新馬戦の上位馬は次走でみんな負けている。
やはり不良馬場は若駒には堪えたのかもしれない。

ちなみに個人的にドバウィ(シーキングザゴールド)は芝の重馬場は鬼だと思っている。
短ければ短いほどよい。荒れていれば荒れているほど良い。これがドバウィなのだ。

なので、不良馬場での新馬戦勝利も適正勝ちだったのかもしれない。

次走は新潟2歳Sのことだが、軽視で。

ディープインパクト産駒 まとめ

ラスト1世代、2世代のディープインパクト。

個人的にはどちらかというとディープインパクトのアンチである。
大物や後継がまったく出てこないのに単発でG1を掻っ攫う次世代に何も繋がらない種牡馬だからだ。

もちろん、ディープから大物牡馬が出て血を繋げていけるのが一番良いのだが・・・。

日本競馬の至宝であるディープインパクトの子供が見れるのもあと数年。
いや、実際はサンデーサイレンスのアクシオンみたいに10歳になっても走り続ける馬は絶対にいるであろうから、あと10年ちょいは見れるのか。

ここで挙げた6頭ではサトノレイナス以外は怪しい。

だが、ディープインパクトに関しては秋・春になれば、またクラシック戦線に多数の馬を送り出すことであろう。
エピファネイア、モーリス、キズナあたりの新興種牡馬とのタイトルの争いは要注目である。