函館記念 [2020] 全馬短評

目次

アドセンス

2020年の函館記念の全馬短評をしましょう。

登録馬は以下の通り。

アドマイヤジャスタ 54.0
カウディーリョ 55.0
スズカロング 51.0
ドゥオーモ 53.0
トーラスジェミニ 56.0
ナイトオブナイツ 55.0
ニシノデイジー 56.0
バイオスパーク 55.0
プレシャスブルー 54.0
ベストアプローチ 56.0
マイネルファンロン 55.0
ミスマンマミーア 52.0
ランフォザローゼス 55.0
レイエンダ 57.0
レイホーロマンス 51.0
レッドサイオン 54.0

アドマイヤジャスタ

一時はサンデーサイレンスの孫種牡馬として一歩抜け出ようかという勢いだったジャスタウェイも雲行きが怪しくなってきた。
ヴェロックスが冬の小倉で大敗したように、4歳勢に見る影なし。
この馬も近2走は1秒以上で負けている。ここで不要。

カウディーリョ

1走ごとに勝っている馬。パターンからすれば今回は勝ちの番。
札幌で2勝しているし洋芝適正十分。そして堀厩舎に藤岡佑は珍しいのでは?
関東のトップ厩舎と蜜月となるために、藤岡佑は燃えているではないか?

スズカロング

軽ハンデだが2勝馬。厳しい。

ドゥオーモ

戦績みると小倉が合うのでは?ここでは不要。

トーラスジェミニ

巴賞勝ち馬。
今はどうか知らないが、巴賞と函館記念は200m違うだけだが、どうも結びつきが薄いレース。
そこの1着だと、今回は人気になりそうということで軽視でよい。

ナイトオブナイツ

函館(2104)と相性がいい馬。関連性が薄い巴賞を8着に負けているの逆に好印象。有り。

ニシノデイジー

久しぶりに勝浦に戻るここは雪辱を狙っているはず。函館(1100)と得意のコースである。有り

バイオスパーク

オルフェーヴル産駒。大阪城Sで4着。都大路Sで2着と近走安定している。
函館も(1101)と相性が良い。荒れ馬場も歓迎。有り

プレシャスブルー

父はディープインパクトながら母父アンバーシャダイという古い血統。騎手も
石川騎手ということで人気にならないであろう。
個人的には軽視だが、コスパ(人気的に妙味)はいい馬。穴党ならば一考の余地有り。

ベストアプローチ

この馬は、昨年の初夏の東京三勝クラスで大穴空けた馬だっけ?それは違う馬?
26ヶ月休み明けだから違う馬か。ドーンアプローチ?ベストアプローチ?忘れた。
26ヶ月明けの前走巴賞は0.5秒差6着ということでまずまず。騎手は新進気鋭の横山武。
有りである。

マイネルファンロン

去年の2着も調教はいい頃と比べていまひとつのようだ。消しで。

ミスマンマミーア

特筆することもなし。消し。

ランフォザローゼス

エアグルーヴの母系だが、去年の青葉賞以降、不振に陥る。消し。

レイエンダ

一番人気濃厚で取捨が難しい馬。
函館2000mは勝っている条件。だが、不良とは言えエプソムCは負けすぎな感も。
人気的には軸にはできない。買うなら押さえで。

レイホーロマンス

もう終わっているのでは?
と思いつつも重の愛知杯で3着。不良の中山牝馬では9番人気ながら5着に健闘。
そして騎手は骨盤骨折疑惑から1週間で復帰の団野騎手。馬場が荒れるならば1発狙ってもいい。

レッドサイオン

岩田康ということで騎手が怖い。そして藤沢厩舎の3頭出し。なんか怖い。がここまで回らない。
消しで。