競馬で6000万円への道。資金内訳

目次

アドセンス

狭小生活軍の組織概要

狭小生活軍の組織図について解説しよう。

都心で土地付き一戸建てを建てるには狭小住宅という選択。
そして、それを実現するには6000万円必要。という前提で、競馬で60,000,000円を用意する野望を実現するためには計画・ルールが大事。

「資金=兵数」「賭け方、資金タイプ=軍種」と見立てて、我が「狭小生活軍」の組織図を構築したのでここに紹介したいと思う。

兵力は2020/6/26時点のものである。

海軍

海軍・・・兵力31000。通常の資金。基本的には複勝を狙っていく。穴目の複勝も狙う。勝負時と判断したらバスターコール的な海軍総動員もあり得る。

陸軍

陸軍・・・兵力20000。海軍が全滅した場合、全部を取り戻すための本土の軍隊。6月20日にバスターコールを掛けたものの「フランジヴェント将軍に返り討ちに遭い全滅した海軍を救ったのは、確定申国の還付将軍70000(2020年の確定申告で返ってきた700000円の還付金のことである)の軍勢である。この同盟国がダイアトニック&ジョーマンデリン&デュードヴァンと3軍撃破を果たした事により海軍は見事復活を遂げたのである。だが、都度、他国(貯金や生活費など手をつけてはいけないお金)に援軍を請うのはリスキーである。自国で配備すべしと陸軍を創設。陸軍については即PATの口座には入れずに手元に置いておくこととする。理想は海軍の3倍の兵力である。海軍や空軍、遊軍で兵力が増えたら、都度ここに投入して、増やしていく。

空軍

空軍・・・兵力5000。ラーメン屋即金アルバイトのお金は全て、空軍に一度所属させる。一騎駆けの急降下爆撃で大戦果を得るイメージである。ここで三連複、三連単の高配当を狙い、的中したら、その時の軍の状況により異動先が決まる。
空軍でどれだけ負けても軍本体には影響を与えないのが魅力。その分、ラーメン屋即金バイトを頑張らないといけない。
(例・・・三連複で20,000円配当。海軍->10,000 陸軍->5,000 空軍->5,000)

金丸隊

独立遊軍「金丸隊」・・・兵力12000。金丸法という競馬投資法というのがあるようだ。簡単に言えば、資金を1・3・9に分けて、まずは1。勝ったら、それを乗せて再度資金を振り分けてスタート。負けたら、3、さらに負けたら9。と3連敗はしない前提の投資法。これは今週からの新規創設で、12000円を今月の給料から投入する。キングダムの飛信隊のような活躍を期待したいところだ。

バスターコールとは

・・・

バスターコールとは、超大人気漫画ワンピース内の言葉であり、海軍を総動員(正確には大型軍艦10隻、中将5人)して、対象を殲滅させる時に使用する恐ろしい命令なのである。

当サイト「狭小生活」内では、99.9%獲れるレースがある際に、海軍(通常資金)を総動員して、一気に資金増を目論む作戦として使うのである。

20,000円から始めた僅かな資金を60,000,000円にするにはどこかで一発勝負に挑む機会が、数度は訪れるはずである。

ちなみに前述の通り、初回のバスターコールは失敗している。
そもそも、当初予定していたヴェスターヴァルトから変更した時点でバスターコールを掛けるべきではなかったのだ。